初版公開日: 2013年7月2日
※このページは毎年見直し・更新します

最新版: 2021年10月18日

情報発信ツール

QRコード

otosan page(雑記帳)

現在、「otosan」の情報発信用ツールとして、複数個のサーバーを使い分けていますが、「閲覧のし易さ」を目指し、まず個々の情報全てを「otosan page」(下記表のNo1サイト)に集め、SNSであるTwitter等も組込み、ここから全てのページへリンクする様、一元化した全ての情報が得られるようにしました。

また、同時にご訪問者がインターネットをし易い様にポータル化機能も付け加え、付帯情報取得がし易い様に出来る限りシンプルなデザインのまま、利便性向上も追及したHP作りをしてきました。

その結果、未だ不完全な部分も有りますが、以前より幅広い情報が、収集できるように整備しました。

otosan pageが使用しているレンタル・サーバー

使用するサーバーが増加してきたので、管理上の都合により覚書として状況をまとめてみました。
2022年早々には6サーバー(主力3サーバー)に集約する予定です。

otosan pageは基本的に「無料のレンタルサーバー」を使用しています。
スタートの当初からHPがここまで長期間続けられるとは想像も付かず、当時採用した@niftyサーバーの容量が小さかったことから、結果的にこれだけを必要とする規模になりました。
しかし、ご閲覧者には全く関係ないことですから、「管理人」としてはリンク切れ等不都合が生じないよう、出来る限りのメンテナンス作業を行っていきます。

【現用のサーバー一覧】2021.10
No名称とリンクサーバーの種類
1otosan page@nifty
2otosan mt-fujifc2
3otosanXdomain (XFree)
4otosan blogcocolog-nifty
5twitter otosanftwitter
6YouTube otosanfYouTube

・No.1,3,4の3サーバーを主力に使用していきます。
・No.5,6の2サーバーは、アカウントへ投稿できる限り使える状態です。
・No.2のサーバーは容量制限上、今後も手を付けない予定。内容は維持されています。

レンタル・サーバーの補足事項

  1. No.1の@niftyサーバーは2003年(Webページ開設以来)から継続使用しています。@niftyへの会費を毎月納付している限り(otosanが生存している限り)会員である限り使用できる。旧サーバーは老朽化し、現在は2GBに増量された代替サーバーを使用しています。
  2. No.2のFC2サーバー:将来サーバー側の都合で無くなる可能性がある。No.1.と4.項のサーバー以外では最古のものです。
     記載内容は古い記事(PC専用)であるため、今後表示等に不都合があったとしても、過去の遺産に時間をかけたくない事情から、記事は残すものの基本的にはメンテナンスしない方針です。2005年から使用していた。
  3. N0.3のXDサーバー:将来サーバー側の都合で無くなる可能性があります。現在無料で使い続ける条件として、サーバーは「3カ月に一度契約更新」が必要なため、もし、失念したりで再契約を怠ると、サーバーはリセットされHPの内容は消滅してしまいます。2011年から使用しています。
  4. cocolog-nifty(ブログ)サーバー:@niftyへ毎月会費を納付している限り(otosanが生存している限り)会員である限り使用できる。 2020年からブログは、niftyのサーバー側対応で「https化」しました。
    同じことをotosan pageに対し、@nifty側で対応する日を待っています。
  5. TWITTER:ツイッター社側の都合で無くなる可能性はあり得ます。2011年から継続使用している。随時投稿していますがサーバーの管理まではしていません。
  6. YOUTUBE:Google側の都合で無くなる可能性はあり得ます。2009年から継続使用しています。Google系動画投稿サイトであり、随時投稿していますがサーバーの管理まではしていません。

2021年夏まで使用してきたWebcrow(WC)サーバがサービス終了通知

★─────────────────────────────────★
『ウェブクロウ』サービス終了のお知らせ
★─────────────────────────────────★

ネットオウルでは2012年よりレンタルサーバー『ウェブクロウ』を提供しておりましたが、サービスの利用状況を鑑み、サービスの提供を終了することといたしました。
お客様には多大なるご不便とご迷惑をおかけしますが、
なにとぞご理解くださいますようお願いいたします。…通知の一部を転載

来年に停止すると通知されている。otosanページ容量の約1/3と影響が大きいが、膨大な量のページ移行は断念し、ごく一部のみNo.1のniftyサーバーへ合流させる予定です。リンク切れの記事が大量に出ますが諦めます。年明け早々を目標に移行させたいと思います。本格的使用は2013年から、「野鳥の写真」を中心に掲載していました。
 無料サーバーが老朽化してきたり、有料サーバー使用率が減少すれば経営も厳しくなる…等厳しい環境も理解できますが、しわ寄せは無料サーバーが被ります。
 昨年はYahooの「geocities」サーバーがサービス終了になったばかりです。
この時も数年分が表示できなくなっています。(Webページの作り方も古く移行させ復活は断念しています)。

旧レンタル・サーバー

従来、サーバーの使用数は、ピーク時に10サーバーを使い分けしていましたが、その後7サーバーに集約しました。

(参考:)変更前の旧リスト 保存版画像。

 図3 2020年時点の旧リストー保存画像。サーバー数7個。

Webcrowサーバー(ネットオウル)のごく一部の記事のみ、No.1のniftyサーバーへ合流させる予定です。リンク切れの記事が大量に出ますが諦めます。年明け早々を目標に移行させたいと思います。

 図2 2016年時点の旧リストー保存画像。サーバー数8個。

Yahooの都合でgeocityサーバーサービスが無くなり、古い記事の為そのまま消滅しました。

 図1 2014年時点変更前の旧リストー保存画像。10サーバーが最多だった。

その他1年未満の短期間「試しに使った」サーバーが幾つかありましたが、カウントはせず全ての内容は存続サーバーへ移行しています。

画像はクリックするとLightboxで拡大表示します。


2015.07.02今年度見直し版について補足

このページはほぼ毎年一回見直しして、最新のものを掲載しています。
2015年からページ作成方法を改善し、RWD化によりGoogleのMF-Testに合格しています。

2015年度を【RWD 元年】と位置づけして推進しました。

2015年以降新規に作成したページは、全てRWDに適合させています。

以前作成したページは殆ど手直ししてありません。使用サーバー等が未だ使用されているものは、通常はPCから閲覧できます。


Λ